読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年03月29日の回顧

高松宮記念

スタートでエアロヴェロシティが頭一つでる。そこへアンバルブライベンが押してハナにいく。外からハクサンムーンも押し上げてエアロヴェロシティの外に並ぶ形になる。ダイワマッジョーレは出遅れで最後方。アンバルブライベンが逃げて、エアロヴェロシティ、ハクサンムーンが追走、ミッキーアイルが外からじわじわポジションを上げて4角の頃にはハクサンムーンの後ろまでつける。コパノリッキーは少しだけポジションを上げたが、その後は行かないように抑えていた。

4角から直線への進路取りはアンバルブライベンは最内へ。エアロヴェロシティその横を回って直線に入ってから外へ。ハクサンムーンはコーナーの時点から外を回り直線入ってすぐに先頭に立つ。そのまま押し切るかと思われた所へ、エアロヴェロシティとミッキーアイルが合わせ馬の形で外から差してきて、最後エアロヴェロシティが抜け出して勝ちきる。ミッキーアイルは最後脚が上がって3着まで。差し馬の中で一番上手く4角を内から外に出しながら回ったサドンストームが4着。コパノリッキーは道中のポジション通りの位置そのままゴールで掲示板まで。後ろから行った馬はまったく届かなかった。時計は1.08.5。

評価

  • 展開はミドルペース
  • 雨とやや重で直線は外が有利だった
  • 各馬がコーナーから外に出しているため控えた馬はさらに外からとなった
  • 結果は前残り傾向
  • 香港スプリント路線はレベル高い

馬評価

エアロヴェロシティ

テンのスタートダッシュ、馬場を苦にしない持続の脚はいかにも香港のパワフルなスプリンターで強かった。ドバイには行かず、騎手も主戦もそのままで勝負度合いは高かった。ザカリー・パートンは2013/14シーズンの香港リィーディング騎手。

ハクサンムーン

一瞬勝ったと思うような展開だった。馬場も見方につけ自分の形に持ち込んだが相手が悪かった。先行して粘るという形は酒井も手があっている。

ミッキーアイル

初スプリントにも対応してみせた。最後脚が止まったのは序盤外枠で押し上げた分甘くなったというところだろうか。

サドンストーム

いつも堅実な差し脚を使う馬で、今日は内枠を生かし国分優作が非常に上手く乗った。10番手以内つけて4角から直線はロスのない外への出し方ができていた。

コパノリッキー

末脚を伸ばすタイプではないため抑えすぎた感がある。ハクサンムーンの直後くらいには付けたかったし、道中馬もポジションを上げていけそうな脚であったがミッキーアイルとは反対に武豊が抑えた。馬場適性から考えるとチャンスだったのでもっと前で勝負するべきで回ってきただけの印象。

ダイワマッジョーレ

出遅れで終了。大外から33.8秒は上がり最速だが届くはずもなく。

ストレイトガール

直線途中まではジワジワ伸びていたが途中で終了。元々馬場適性はなかったのに加え、内に行くわけにもいかず大外枠が堪えた。

岡崎特別(1000万下)

中京9R芝1200mで高松宮記念と同条件。時計は1.08.6。

馬評価

ビッグアーサー

楽勝してた。馬場は悪化していくため単純比較はできないが高松宮記念の時計と比べても遜色なし。重賞クラスまで勝ち上がってきそう。