読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年04月19日の回顧

競馬 競馬-回顧

皐月賞

リアルスティールが好スタート先頭に立つ勢いだったが抑える。ワンダーアツレッタが行き、それをキタサンブラックが交わして、さらにそれを外からクラリティスカイが交わして逃げに入る。スピリッツミノルはムチで押していくが行けず内で先行まで。サトノクラウンが出負けしたが、盛り返して内に入れる。ドゥラメンテは最初から抑える。

クラリティスカイが逃げ、キタサンブラックが2番手、リアルスティールはそれを見る形で5番手。ダノンプラチナは中段前。ブラックエンブレムが中段の後ろ最内。サトノクラウンが後方。ドゥラメンテが後方2番手。1000mは59.2秒。

4角早めにサトノクラウンが外を回して仕掛ける。4角でドゥラメンテが回りきれずに外におもいっきり膨らむ斜行。直線入ってリアルスティールが先頭に立つ所をキタサンブラックが食い下がる。残り100mくらいでリアルスティールが抜け出した所を大外からドゥラメンテが一頭違う脚で一気に突き抜けて並ぶ間もなく差しきる。ジワジワ伸びたブライトエンブレムが4着。逃げたクラリティスカイが残って5着。サトノクラウンはドゥラメンテを追いかける形で伸びたが思ったほどではなく6着まで。

評価

  • ペースはミドルペース
  • 皐月賞の傾向通りで先行と内が有利だった
  • ドゥラメンテの斜行は掲示板圏内の結果に影響を与えるものではなかった

馬評価

ドゥラメンテ

1着。能力がかなり上であることを見せ付けた。内枠のため序盤壁を作れたことが大きい。コーナーを曲がれず大外一気で一頭だけ抜けた上がり33.9秒を出した。上積みも見込めることからダービーも折り合いさえつけば最有力だろう。斜行でデムーロは騎乗停止4日間。

リアルスティール

2着。皐月賞を勝てるポジションであり折り合いもついて、最後にキタサンブラックを突き放した内容は完璧だった。相手が悪かったとしか言えない。先行して折り合えるのとそれでいて決め手がある馬なので、ダービーもスローペースになったら可能性がある。

キタサンブラック

3着。2番手追走して直線もリアルスティールに途中まで食い下がっていて後続に差されなかったことは評価できる。スプリングS勝ちがただのスローのおこぼれではなかったということだろう。

ブライトエンブレム

4着。スタートも出て中段につけることができた。内で我慢しロスの無い競馬であったがジワジワしか伸びなった。上がりがかかる競馬のほうが力を発揮できるタイプではないか。田辺の評価が上がった。

クラリティスカイ

5着。逃げて掲示板を確保した。クロフネ産駒のスピードの持続を生かした。

サトノクラウン

6着。思ったよりかなり後方から競馬をした。4角も大外をぶん回している。直線延びているが本質的にはキレ味ないことを露呈した。ただ能力は上位であり、今回はロスのある競馬だったので巻き返しはある。

ダノンプラチナ

15着。3角くらいで位置取りを下げていたように行きっぷりも悪かった。斜行の影響はあったとはいえ、直線見せ場すらなかった。早熟かマイラー

その他

めずらしく予想が的中。ドゥラメンテがあんなに後ろから行くとは思いませんでしたが回顧の積み重ねが身を結びました。

2015年04月19日の予想 - ハナ差な日々