読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年05月03日の回顧

競馬 競馬-回顧

天皇賞(春)

クリールカイザーが押して逃げる。スズカデヴィアスも押していたがクリールカイザーを見て控える。そこに内からカレンミロティックがスズカデヴィアスに並ぶ。その後ろにタマモベストプレイ、ラブリーデイ、サウンズオブアース、ホッコーブレーヴと続く。中段にウインバリアシオンフェイムゲーム、アドマイヤデウス。後方集団にラストインパクト、後方二番手にキズナゴールドシップはスタート出て押してもいたがいつも通り二の脚がつかず最後方。1000m通過は1分1秒4。

最初の直線でアドマイヤデウスが位置取りをあげようとしたのか外に出したときに掛かって岩田が手綱を引っ張り通しになり6番手くらいまで上がってようやく落ち着く。ゴールドシップも離れた外に出し徐々に位置取りを上げる。2週目に入った所でアドマイヤデウスが再び掛かって必死になだめていた。3角までにゴールドシップが一気に4番手まで位置取りを上げる。キズナも後方4番手まで上げる。2000m通過は2分3秒2。

3角でクリールカイザーが後続を離しにかかる。4角でキズナが早めの仕掛けで捲くりながら4角へ。4角でクリールカイザーはいっぱいになりカレンミロティックが先頭で直線へ。ゴールドシップがジワジワ差を詰める、ラチ消えの最内を狙ったラストインパクトが伸びてくる。ゴールドシップのすぐ外をサウンズオブアースとホッコーブレーブが並んで伸びてくる。その後ろをネオブラックダイヤが追いかける。ウインバリアシオンキズナはさらに外から。3000m通過は3分2秒7。残り200mでウインバリアシオンは追うのを止める。サウンズオブアースも脚が止まる。キズナも脚色が良くない。進路が開いたフェイムゲームが外から一気に伸びてくる。カレンミロティックが粘っているところを最後にゴールドシップ差してゴール。外から一頭違う脚で追い込んだフェイムゲームがカレンミロティックを交わして2着。

評価

馬評価

ゴールドシップ

1着。横山典が上手く乗った。分かっていてもこの乗り方ができる騎手はそんなにいない。この馬はスタミナお化けと言われているがまさにその通りで、あんなスパートして最後まで持つ馬はいない。速い脚がない弱点を騎手が展開作りでカバーし、馬が能力で応えた結果と言える。これが毎回出来れば長い距離なら負けないが、ある意味玉砕と呼べる乗り方に近いので毎回これができるかという難しい所。

フェイムゲーム

2着。上がりは34.5秒で2番目であるが、前が開くまでに時間が掛かった点を考えると最後の1ハロンはかなり速い脚を使っている。この展開でそれが出来るのは長距離が本当に得意といえる。馬体重が456キロで斤量58キロはデータ的には厳しいようだがダイヤモンドSでこなしていたのが大きかった。

カレンミロティック

3着。積極策を取り先行馬が総崩れの中で唯一3番手追走で粘ったのはとても評価できる。速い脚がないのでスタミナ展開になったのが良かった。7歳馬はデータ的には良くないらしいがセン馬という点が例外なのかもしれない。蛯名は基本積極的な位置取りが多いことを頭に置いておこう。

ラストインパクト

4着。脚を溜めて我慢し、直線最内のラチがなくなるところで一気に差を詰めたロスのない競馬をした。もう一歩足りないレースが多いので、今後はさらに前で競馬できるかどうか。

ネオブラックダイヤ

5着。特に見せ場があったわけではないが最後まで止まっていなかった。スタミナがある馬だったということか。

ホッコーブレーヴ

6着。特に見せ場があったわけではないが最後まで止まっていなかった。今年3分15秒0で去年3分15秒1なので力は出している。

キズナ

7着。今回は3角、4角で位置を上げていったように直線前に脚を使っていた。直線入ってからはジワジワ伸びる程度だった。3分15秒2は去年と同じタイムである。やはり以前から言われているように距離が長いのだろう。もしからしたら2400mも長い可能性がある。武豊かは原因が分からないと言っているがたぶん建前で、今後適距離レースが選ばれるかはオーナーの判断次第。東京2000mや京都マイルなら。

サウンズオブアース

9着。先行して最後も3000mまでは走れていたが、残り200mでパッタリ止まっていた。どういう乗り方があっているかは少し模索する必要がありそう。

デニムアンドルビー

10着。阪神大賞典の再現はなかった。448キロで斤量56キロ背負って長距離は厳しい。

ウインバリアシオン

12着。故障とのことでお疲れ様でした。ハーツクライやジャスタイウェイと母系血統の違いから種牡馬になれるのだろうか。

アドマイヤデウス

15着。掛かりまくって直線入ったときにはもう脚がなかった。1週目の直線で壁から出したときに掛かったので乗り方も工夫が必要になる。

予想評価

展開読みがまったく当たらず。スローの読みでそれ前提の馬選択だったので大外れ。阪神大賞典を見るに今回スズカデヴィアスがあっさり引いたのは納得いかないが。しかし、どちらが逃げても今回はゴールドシップに潰されていただろう。この展開ではステイヤータイプがくるのはしょうがない。人気4歳勢を切れたことくらいしか評価できない。

2015年05月03日の予想 - ハナ差な日々

スイートピーS

ダイワミランダの逃げ。トーセンナチュラルは手綱を抑えながら先行を見る位置へ。ディープジュエリーは後方集団。1000m通過は60.9秒。直線入ってブルローネが先頭になったところを内で我慢していたトーセンナチュラルが交わして抜け出す。ディープジュエリーは進路を探して少しフラフラしてから開いたところをロッカフラベイビーと並んで伸びてきて、ギリギリでトーセンナチュラルを差す。

評価

  • ペースはミドルペース
  • メンバーは負けてきている馬でレベルは低い
  • 内が有利だが真ん中の差しも届いていた

馬評価

ディープジュエリー

1着。控えて安全に外に出したが、進路が開かずにフラフラしたため際どい勝負になった。上がり33.8秒だが早めに追えていればもう少し速い上がりは出せたと思う。

トーセンナチュラル

2着。いきなり好走の要因は不明だが、先行を見る形で内で我慢して開いたら抜け出すというそつがない騎乗だった。井上騎手注目。