読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年08月23日の回顧

札幌記念

ラキシスヒットザターゲットが好スタートを切ったのを、ジワっと進出してトウケイヘイローが逃げる。ラキシスが2番手、ディサイファが出していって3番手をとる。トーホウジャッカルがそれを見る形。その後ろにステラウインド、ハギノハイブリッド。中段にヤマカツエース、サクラアルディート、ラストインパクト、ダービーフィズ、ハナズリベンジ。後方に控えたヒットザターゲット、フレージャパン、サイモントルナーレ。スワンボートはついていけずに最後方。1000m通過58.9秒。3角からトーホウジャッカルが外から仕掛けだすも4角で既に脚色が怪しい。そこへラストインパクト、ヤマカツエースあたりが外からまくってくる。直線入ってディサイファが先頭に立つ。ラキシスラストインパクトが追いかけ、その間にハギノハイブリッド、再内からダービーフィズ、外からヤマカツエースが伸びてくる。ヒットザターゲットは前が壁で追えない。ディサイファが抜け出し突き放しにかかった所で、内からダービーフィズ、外に出して猛然と追い込んで来たヒットザターゲットが迫ってくるが押し切ってディサイファが1着。2着ヒットザターゲット、3着ダービーフィズ。ヤマカツエースはジワジワしか伸びず4着。ラキシスラストインパクトは最後脚が止まって5着、6着。ハギノハイブリッドは間に入って追えなかったが、突破するほどの脚もなかった。

評価

  • ペースはミドルペース
  • 先行も差しもこれるフラットな展開
  • レースレベルは標準

馬評価

ディサイファ

1着。積極的に先行して直線先頭に立ってからも脚が残っており押し切った。後ろから届かずの内容が多かったが、先行策を取れるようになり重賞馬の能力を見せた。G1では足りないかとは思うが、前からいけるなら重賞では今後も上位を狙えそう。

ヒットザターゲット

2着。スタート良かったが控えて終いにかける競馬をした。直線で内が開かず外に出すロスがあり、上がり最速34.9秒を出したが惜しくも届かなかった。最初から外に出すとロスが多いため内から行ったのは正解だったが、外にきれいに出せたら勝ちはあった。この馬もG1の掲示板もあった馬であり上がりが少しかかる重賞はねらい目。

ダービーフィズ

3着。岩田がいつもの再内狙いでロスなく差してきての3着。函館記念よりは相手関係が強くなったので上手く乗ってこの成績と見て良いと思う。

ヤマカツエース

4着。4角まくりから直線もジワジワ伸びてたが届かず。NHKマイルで惨敗したことから早い脚がない馬なのようなので、今後も上がりのかかる競馬場で狙うのが良い。

ラキシス

5着。勝ち馬と同じポジションにいたが直線延びなかった。大阪杯プラス10キロ、宝塚記念プラス10キロなのに、今回夏なのにマイナス2キロと体重が落ちないことからベストじゃないのではないか。

トーホウジャッカル

8着。4角で既に脚がなくなっていた。惨敗といえる。世代レベルが問われてしまう成績。

北九州記念

メイショウイザヨイ、サカジロロイヤル、ニザエモンが押して、スタートが良かったレオパルディナが加わりハナを伺う。ニザエモンが逃げてメイショウイザヨイが横を追走。サカジロロイヤルはついていけず3番手。レオパルディナは控える。ベルカントもテンのスピードの速さがあり楽々5番手。ベルルミエール、サドンストームがそれを見る形。中段真ん中にビッグアーサー。抑えようと手綱を少し引っ張っていた。バーバラが後方3番手。マヤノリュウジンはついていけずに最後方。600m通過は32.7秒。4角で逃げた2頭との差が詰まってきて、ベルカントが3番手までつける。直線入ってすぐにベルカントが先頭に立ち突き放しにかかる。ビッグアーサーが内を差してきて、外からベルルミエールも伸びてくるが、ベルカントが楽々押し切って1着。ビッグアーサーがベルルミエールを押さえ込み2着。ベルルミエールが3着。離れた4着に大外追い込んだバーバラ。

評価

  • ペースはハイペース
  • 差し展開
  • 差しの中でベルカントは先行押し切り
  • レースレベルは標準

馬評価

ベルカント

1着。スタートもきっちり出て内枠を生かして先行しながら逃げ馬との差を測りつつ、直線一気に抜け出して完勝。ハイペースを察してか前を追いかけ過ぎず直線脚を残す武豊の好半断だった。また、アイビスサマーダッシュから1キロ増えて55キロ背負ってもきっちり勝ったことで馬の充実ぶりも証明されている。G1でも楽しみではないか。

ビッグアーサー

2着。中段に控えて直線内を割って差して来るも届かず。きっちり連対したことで重賞級の能力があることは証明できた。騎手が抑えてのポジション取りであるため控え過ぎた感はある。33.4秒の上がりを使っておりこれ以上の脚は使えないであろう。

ベルルミエール

3着。中段待機から、直線上手くポケットあたりを通って外に出し一瞬2着もあるかという伸びを見せた。53キロで軽量だったので、このクラスより上になると難しいか。

バーバラ

4着。上がり最速33.2秒で追い込んできたが、勝負が決した後であった。

サドンストーム

11着。いつもよりかなり前目で競馬をしてハイペースも手伝い末脚がなかった。末脚堅実の売りを返上した乗り方をしてしまった。また、時計が1分7秒台に突入してくるとつらいタイプだと思う。