読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年09月05日の回顧

競馬 競馬-回顧

札幌2歳ステークス

アラモアナワヒネ、ペイシャフェリシタあたりが好スタートを切ったが、ネコダンサーが押してハナに立つ。プロフェットが中段、その後ろの集団にクロコスミア、アドマイヤエイカン、さらに後ろにラヴアンドポップ。最後方にアラバスター。1000m通過は61.9秒。3角過ぎてプロフェットがポジションを上げる。後続もアドマイヤエイカン、ラヴアンドポップと外を撒くって上がってくる。4角でプロフェットがポケットの位置につける。アドマイヤエイカンがその外に並びかけ、さらに外にラヴアンドポップも並びかける。クロコスミアはそれを見る形で膨らみ過ぎないように回す。直線入って内に切れ込んだプロフェットが抜け出そうとするところに、アドマイヤエイカンが併せに行って叩き合い。それをラヴアンドポップと内に進路をとり伸びてきたクロコスミアが追いかける。後続を離してプロフェットとアドマイヤエイカンの叩きあいが続き、最後の最後でアドマイヤエイカンが交わして1着。プロフェット2着。最後の伸びが良かったクロコスミアがラヴアンドポップを交わして3着。勝負が決した後で最後方大外一気で伸びてきたアラバスターが5着。

評価

  • ペースはやや重を考慮してもスローペース
  • 逃げ先行は崩れ、直線にかけた馬は届かずの差しと捲くり差しで決まった
  • レースレベルは低い

馬評価

アドマイヤエイカン

1着。中段後ろ目待機から3角過ぎから仕掛け通しで最後まで押し切った。相当長い脚を使っている。ハーツクライ×フレンチデピュティでタフさとスピードを兼ね備えていて面白そう。ただし、切れ味はどうかというところ。

プロフェット

2着。中段から徐々に進出し4角も外を回し過ぎないように上手く回り、直線もすぐに内に切れ込んでロスのない競馬をしていたが最後に競り負けた。ハービンジャーは競り合い弱いのだろうか。

クロコスミア

3着。中段待機から4角から直線で外にいかずに内を突いた。その分4着馬との最後の脚が違い交わすことができた。上手く乗って複勝圏を確保した。

ラヴアンドポップ

4着。勝ち馬についていく形で4角を回して直線に入ったが、離されて最後は脚が止まりさらに交わされた。勝ちに行った分負けた形。

アラバスター

5着。最後方から直線にかけたが上位とはかなり差がある形で飛び込んできただけ。上がり最速が出せているわけでもない。