読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

騎手の評価

競馬 競馬-知識

主な騎手が、どんなタイプなのか独断と偏見で評価してみる。

項目

①リーディング力

強い馬を勝たせる能力。勝てる馬に乗った時にきっちり勝つことでリーディング上位に繋がる。 人気を背負っても勝てるメンタルの強さも求められる。

②勝負強さ

乗り方や展開によって勝ち馬が変わるようなレースで勝てる能力。 恐れずにリスクをとって勝負に出ることができる騎手が該当する。 特にOPクラスになってくると馬同士の能力差はないので騎手差が出てくる。

③ペース読み

正確な体内時計を持ち、ポジション取りや、仕掛けのタイミングが適切な騎手。 逃げの場合は、一つ覚えでスローにするのではなく馬にあったペースでレースを作れる騎手。

④馬群捌き

馬群を上手く捌いて差して来られる能力。 どの馬が下がってくるのか、どこが開くのか見極める能力が高い騎手。 もしくは、こじ開けて突破する騎手。

⑤柔軟性

トラックバイアスやレース展開によって、乗り方を変えられる柔軟なタイプ。 その逆は、レース前からの決め打ち、指示を徹底する硬いタイプ。

⑥スタート

スタートが上手い騎手か、出遅れ癖がある騎手か。

⑦オッズ傾向

オッズが過剰人気しやすいタイプか、人気しないタイプか。

評価

C.ルメール

強い馬をきっちり勝たせることができる。頭で狙う場合は先行、差しの方が信頼できる。 無理せずリスクを取らないタイプなので、メインレースの勝率は落ちる。ただし、紐にはくる。

項目 評価 内容
①リーディング力 A トップクラス。能力差があれば高確率で勝たせることができる。
②勝負強さ C 勝負弱い。リスクは取らないので特にメインレースは勝ちきれない。(複勝率は高い。)
③ペース読み B 優れている。レース作りもできる。(例:リアファル、ジャーエンブレム)
④馬群捌き B 綺麗に捌く。ただし、無理はしないので開かないときは外に出す。
⑤柔軟性 D 決め打ちタイプ。ゆえに後方待機の場合は、差し遅れ有り。
⑥スタート B 上手い。
⑦オッズ傾向 E 過剰人気するのでおいしくない。

M.デムーロ

強い馬をきっちり勝たせることができる。ただし、ペースは読めないので、レースが作れる騎手がいない時に追込に乗ってたら頭で狙うのは注意。 メインレースにとにかく強い。特に差し比べに強い。

項目 評価 内容
①リーディング力 B 能力差があれば高確率で勝たせることができる。ただし、ポカがあって安定度が劣る。
②勝負強さ A 勝負強い。失敗を恐れず仕掛ける。追える。
③ペース読み D 読めない。逃げもめったにないし、差し遅れは結構ある。
④馬群捌き C こじ開けタイプ。勝負賭けの時はダーティーも辞さない。内狙って詰まる時もある。
⑤柔軟性 A 柔軟なタイプ。道中でポジションを上げたり、捲くったりもする。
⑥スタート E 下手。出遅れがある。
⑦オッズ傾向 E 過剰人気するのでおいしくない。

戸崎圭太

強い馬をきっちり勝たせることができる。ただし、前に行ってレースを作る騎手ではないので、展開が向かないと来ない。強みは指示や作戦を実行する力があることで、展開と合わさってハマったときには勝っている。また、関東の競馬場の時の方が信頼できる。

項目 評価 内容
①リーディング力 A トップクラス。能力差があれば高確率で勝たせることができる。
②勝負強さ C 無理はしないので展開が向かないと来ないが、事前に決めてある作戦を実行する力はある。
③ペース読み C 普通。自分でレースは作らない。差し展開になると浮上する。
④馬群捌き B 無理はしないが上手い。綺麗に差してくる。
⑤柔軟性 C 事前に作戦を決めて乗るタイプで、レース中には変えない。
⑥スタート B 普通。
⑦オッズ傾向 B 勝率の割にはメインで過剰人気にならず、おいしいオッズもある。

川田将雅

先行競馬が信頼できる。トラックバイアスとマッチした日は固め打ちがある。ただし、騎乗数が少ない日があるのでリーディングトップまでは厳しい。指示や作戦に忠実であり、注文が付く馬の場合(逃げ・追込の場合)でもブレずに腹を括って乗ってくれるが、それが悪い結果になることもある。

項目 評価 内容
①リーディング力 B 勝率が示す通り高確率で勝たせることができるが、注文が付く馬は作戦通り乗りすぎて負けることがある。
②勝負強さ B 先行競馬から並んでの叩き合いが特に強い。代打もこなす。追込は展開の助けが必要。
③ペース読み C 重要視してなさそう。作戦通り乗るタイプで先行は信頼できるが、追込で絶望的な位置でも最後まで動かない。
④馬群捌き B 内で先行して抜けてくる競馬が上手い。後方からの場合は、外を回すことが多い。
⑤柔軟性 C 作戦や指示に忠実で、レース中には変えない。トラックバイアスを生かした作戦を選択することはできる。
⑥スタート B 普通。
⑦オッズ傾向 C 馬の実力と人気がイーブンといった感じで普通。

福永祐一

基本的には上手いので強い馬を勝たせることができる。しかし、リスクをとらない騎手で安全な仕掛けが多く、特別以上のレースになってくると掲示板には来るが勝ちきれないことが多い。ペース読みも優れていないので、あまりペースを気にしなくて良いマイル以下は騎乗技術の高さから信頼できるが、ペース一つで有利不利が大きくなる2000m以上のレースでスローになると仕掛けが遅れることが多い。

項目 評価 内容
①リーディング力 B 力差のある馬を基本的には勝たせることができる。クラスが上がると勝ちきれないことが多い。
②勝負強さ D リスクをとらないため勝ちきれないことが多い。仕掛けのタイミングも遅めでスローの時は差し遅れが多い。
③ペース読み D ペース読みが優れていない。これも差し遅れに繋がっている。逃げることもめったにない。
④馬群捌き D 内を狙ったときは詰まることが多々ある。無理はしないので外を回すことも多い。
⑤柔軟性 C トラックバイアスを気にした作戦は立ててくれる。レース中は事前に決めた作戦を変えない。
⑥スタート A 抜群に上手い。
⑦オッズ傾向 B 勝率の割にはメインで過剰人気にならず、おいしいオッズもある。

武豊

馬質が落ちたこともあるが、リーディングトップ争いは出来ていない状況。強い馬に乗れば勝たせることはできるが、全レース集中力を維持するのは年齢的に厳しくなってきている。また、昔に比べて少し足りない馬で一発は余り見られなくなった。スタートの上手さ、優れた体内時計、広い視野は健在である。

項目 評価 内容
①リーディング力 C 馬質の面もあるが、昔に比べると差し追込での信頼率は下がった。
②勝負強さ C 昔は少し足りないが末脚が優れている馬を勝たせていたが、最近はそこまでの結果は見せていない。ゴールで首の上げ下げになったときは名人芸。
③ペース読み A 体内時計が優れている。特に単騎逃げをさせたら絶妙なペースを作ることができる。
④馬群捌き A 綺麗に差してくる。馬群が開くところを察知する視野が優れている。
⑤柔軟性 A レース中の状況に応じて位置取りや作戦を変えることができる。
⑥スタート A 抜群に上手い。
⑦オッズ傾向 E 過剰人気するのでおいしくない。

岩田康誠

2015年の前半までは重賞をバンバン勝っており、抜群の勝負強さだったが、調子を落として馬質も下がってもがいている状況である。リスクを追って、内を突いたり、逃げを打ったりすることができるので一発はある。折り合いに難がある馬でスローの場合は、掛かることが多い。

項目 評価 内容
①リーディング力 C 騎乗数が多いため元々勝率は高くないが、調子と馬質ともに落ちて成績も下がった。
②勝負強さ C メインレースで圧倒的なパフォーマンスを見せていたが、めっきり勝てなくなってしまった。馬は追える。
③ペース読み C 読めない。スローで抑え過ぎてジェットスキーも多い。
④馬群捌き C 内突き、こじ開けタイプ。ゆえに詰まることも多い。
⑤柔軟性 B 馬を動かす方で、逃げにも打って出る。捲くりもやる。
⑥スタート C 普通。
⑦オッズ傾向 C 馬の実力と人気がイーブンといった感じで普通。

蛯名正義

関東馬騎乗多く馬質はリーディングトップ争いは厳しい状況。積極的に脚を使うことが多く、脚を余すことは少ない。馬にとっては厳しい乗り方で長い脚が求められるので、それでも垂れない馬だと勝ちきることができる。位置取りは前目な騎手なので、トラックバイアスがマッチしたときは狙える。

項目 評価 内容
①リーディング力 C 脚を積極的に使うので持続系だと来るが、長い脚が使えない馬は勝たせることは少ない。
②勝負強さ B 積極的で仕掛けが早く、脚を余すことはないので最後まで伸びると勝ちきれる。馬によって乗り方は変えないのではっきしている。
③ペース読み C ペースよりも相対位置を気にしている感じで、遅くても速くても一定の位置で仕掛けることが多い。
④馬群捌き C 前目に4角仕掛けが多いので不利は受けにくいが、内を狙うとだいたい詰まる。
⑤柔軟性 D 乗り方は変えない。積極的な位置取りから、早目の仕掛けで脚を使い切る乗り方。
⑥スタート D ESPと名があるくらい出遅れがある。以前よりは減った。
⑦オッズ傾向 B 人気にならず、おいしいオッズもある。

内田博幸

落馬負傷から復帰後は振るわなかったが復調してきた。馬質を考えると少し足りない馬を勝たせていると言える。馬を積極的に動かすタイプで常に勝負してくれる。ペースは読めないほうで、馬を動かしすぎて沈むことはある。

項目 評価 内容
①リーディング力 C 馬質的な問題と、乗り方のバリエーションが少ないことから、勝てるパターンと飛ぶパターンがある。
②勝負強さ B 馬を積極的に動かすので、仕掛け遅れは少ない。ペースや展開の条件が合った時は足りない馬でも持ってくる。
③ペース読み D ペースはあまり読めない。逃げる場合はスローが多い。差しのときも動き過ぎて垂れることはある。
④馬群捌き C 普通。そこまで無理はしないので、真ん中や外から差してくることが多い。
⑤柔軟性 D ペースにかかわらず馬を動かすタイプで、パターンは少ない。
⑥スタート C 普通。
⑦オッズ傾向 C 馬の実力と人気がイーブンといった感じで普通。

比較表

騎手 所属 エージェント
C.ルメール 西 豊沢信夫(競馬ニホン) A C B B D B E
M.デムーロ 西 豊沢信夫(競馬ニホン)井上政行(競馬ブック B A D C A E E
戸崎圭太 中村剛士(元地方競馬騎手) A C C B C B B
川田将雅 西 井上政行(競馬ブック B B C B C B C
福永祐一 西 小原靖博(競馬ブック B D D D C A B
武豊 西 平林雅芳(元ホースニュース・馬) C C A A A A E
岩田康誠 西 小原靖博(競馬ブック C C C C B C C
蛯名正義 武山修司(デイリー馬三郎 C B C C D D B
内田博幸 中村剛士(元地方競馬騎手) C B D C D C C

変更履歴

  • M.デムーロのエージェントを更新(更新日:2016年10月23日)