読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2016年05月29日の予想

東京優駿(ダービー)

トラックバイアス

Cコースに柵移動で内有利。土曜日の3歳500万下で2.25.0の時計が出ており速い時計が出やすい状態である。

前哨戦等

朝日杯フューチュリティステークス

時計1.34.4。1着リオンディーズ(33.3①)。2着エアスピネル(34.0②)。7着イモータル。 直線抜け出したエアスピネルを大外一気でリオンディーズが差しきった。3着以下は離された。イモータルは掛かって力を発揮できず。

共同通信杯

時計1.47.4。1着ディーマジェスティ(34.9①)。2着イモータル(35.5③)。6着スマートオーディン。 イモータルが先頭に立って押しきろうとしている所へ、内からディーマジェスティが外へ出して一気に差しきった。ディーマジェスティは大きなスライドでパワフルな走り。府中は向いている。イモータルは前半やや行きたがり最後脚が上がった。気性が難点。スマートオーディンは残り1ハロンで止まる。仕上げも失敗。

弥生賞

時計1.59.9。1着マカヒキ(33.6①)。2着リオンディーズ(34.4②)。3着エアスピネル(34.4②)。 マキヒキはゆっくり出して最後方から。エアスピネルは行きたがっが馬群に入れて何とかなだめる。リオンディーズは外枠のため壁を作れず先行策。直線入ってリオンディーズが仕掛け。マークしていたエアスピネルも仕掛けるが差が縮まらない。4角で押し上げてきたマカヒキが外から一頭違う脚で差しきる。マカヒキはディープインパクト産駒らしく抜群の末脚。リオンディーズは4角でもまだ抑えていたように前向き過ぎる気性が課題か。エアスピネルは持ったままで上がっていく時は速いが、追ってからはそこまで伸びない。末脚の決め手は劣っている。4着以下を離しておりレースレベルは高い。

スプリングステークス

時計1.48.1。1着マウントロブソン(35.7③)。2着マイネルハニー(逃げ)。3着ロードクエスト(35.0②)。 マイネルハニーがマイペース逃げから直線入っても粘る。内で先行していたマウントロブソンがジワジワ伸びてきてギリギリ差しきる。大外からロードクエストが一気に伸びてくるが残り100mくらいで少し脚が鈍る。マウントロブソンは先行できる強みを生かした。マイネルハニーは単騎逃げがハマった。ロードクエストは途中までは差しきりそうな脚だったが距離の壁がありそう。

毎日杯

時計1.47.3。1着スマートオーディン(32.7①)。 スマートオーディンはスローで前半はやや行きたがっていたがなだめる。直線入って各馬も脚が残っているが仕掛けて突き放す。決め手のある長い脚が使えることを証明。距離延長でどうか。

皐月賞

時計1.57.9。1着ディーマジェスティ(34.0②)。2着マカヒキ(33.9①)。3着サトノダイヤモンド(34.8③)。4着エアスピネル。5着リオンディーズ(4着から降着)。6着マウントロブソン。8着ロードクエスト。11着プロフェット。 ディーマジェスティはヨレてスタートを切り後方。マカヒキもゆっくり出して後方。サトノダイヤモンドは中段。エアスピネルは少し行きたがったがなだめて先行を見る形。リオンディーズは抑えがきがずに2番手。1000m58.4秒のハイペース。4角でリオンディーズが先頭。エアスピネルがそれを見る形で追走。サトノダイヤモンドは中段真ん中を回る。ディーマジェスティが中段まで押し上げてきている。その後ろにマカヒキ。直線入ってリオンディーズが粘っているところへエアスピネル、サトノダイヤモンドが差しに掛かるが、リオンディーズが外によれて2頭が玉突きで不利を受ける。そこへ大外から一頭違う脚でディーマジェスティが突き抜ける。マカヒキが遅れて差してきて2着まで。サトノダイヤモンドが最後まで粘って伸びて3着。エアスピネルとリオンディーズはほぼ並んでゴール。ディーマジェスティは4角で既に先行勢の後ろに取り付いて、最後の1ハロン伸び方は圧倒的で長い脚も使える。マカヒキは決め手のある末脚を発揮したが、先に行かれて届かず。サトノダイヤモンドは総合力は高いが決定力に欠ける。エアスピネルは持ったまま伸びてくる時の脚は速いが、やはり追ってからはキレ負けする。リオンディーズはこの展開で残っているので間違いなく強いが、前向き過ぎる気性が課題。レースレベルは高い。

青葉賞

時計2.24.2。1着ヴァンキッシュラン(34.5②)。2着レッドエルディスト(33.9①)。4着プロディガルサン。8着マイネルハニー(逃げ)。 マイネルハニーの逃げ。プロディガルサンはやや行きたがって先行。先行勢を見る形でヴァンキッシュラン。レッドエルディストは後方から。直線入ってマイネルハニーは脚があがる。プロディガルサンが伸びかけた所を、ヴァンキッシュランが一気に突き抜ける。遅れてレッドエルディストが大外から伸びてきて2着。プロディガルサンはジワジワ伸びるも最後脚が止まる。例年の青葉賞よりも時計が早くレースレベルは高い。ヴァンキッシュランは折り合いもつき直線も決め手を発揮した。(本番候補だがトーセンってのがどうかだけど。)レッドエルディストは最後一頭違う脚だったが、本番も同じ乗り方になりそうで外からになりそう。プロディガルサンは序盤行きたがった分最後に脚が止まったが故障明けで一定の力を示すとともに、2歳時はトップレベルだったことを考えるとレースレベルの高さを示すのに一役買った。

京都新聞杯

時計2.12.6。1着スマートオーディン(33.8①)。2着アグネスフォルテ。 アグネスフォルテが2番手。スマートオーディンがなだめながら後方から。直線入ってスマートオーディンが外から持ったままで既に一頭違う脚。アグネスフォルテが粘っているところへ、スマートオーディンが一気に仕掛けて楽々差しきる。 レースレベルは高くないが、スマートオーディンは距離延長もこなしての上がり最速勝ち。アグネスフォルテはスロー展開と京都得意なハービンジャーがハマった印象。

NHKマイルカップ

時計1.32.8。2着ロードクエスト(33.8秒)。3着レインボーライン。8着ブレイズスマッシュ。11着イモータル。 メジャーエンブレムの作るハイペース。ロードクエストは後方で直線にかける競馬で一頭違う上がりで2着。ロードクエストはやはり中山より府中、距離短縮で成績を上げた。

プリンシパルステークス

時計1.59.2。1着アジュールローズ。 アジュールローズは3番手を先行直線入って抜け出し完勝。トラックバイアスで外は伸びないので状況で内を狙った勝利。

データ・ジンクス・オカルト

  • 1枠から勝ち馬が多く出ており内枠が有利、7枠8枠からの勝ち馬は近年ではドゥラメンテくらい
  • 前走からの騎手乗り替わりでの勝利なし
  • ベテランジョッキーが強い
  • 一番人気の信頼度は高い
  • 勝ち馬は重賞勝ちの実績が必要(近年の例外はフサイチコンコルドくらい)
  • 青葉賞からは連対までで勝ち馬は出ていない
  • 大馬主である島川氏はダービー未勝利(冠名やめてるので注意:ヴァンキャッシュラン、ブレイズシュマッシュ)
  • 大馬主である里見氏はG1未勝利(サトノダイヤモンド)

展開予想

マイネルハニーが内枠を生かして平均ペースの逃げと予想する。アグネスフォルテ、アジュールローズ、マウントロブソンあたりが先行から直線早目に仕掛けて最後に前が止まり、 先行勢の直後の馬と、決め手のある差し馬が浮上する展開とみる。 時計は2分23秒台が出そうで、内の馬場も良いことから、外からの追込みは入着までとみる。

ディーマジェスティはスタート次第だが、蛯名なのである程度のポジションは取っていくと思うので中段につけるであろう。 マカヒキは出たなりだが、後方過ぎると外を回すことになるので中段後方くらいか。ここ2走ゆっくり出しているし、血統的には距離延長も微妙であり序盤のポジション取りで脚は使えないだろう。 リオンディーズは弥生賞皐月賞ともに外枠からポジションを上げたタイミングで抑えがきかずに前過ぎる位置での競馬になった。今回も12番と外枠気味であり壁を作りたいであろうことを考えると、さすがに思い切りの良いデムーロでも先行せずに中段後ろくらいに控えるとみる。 サトノダイヤモンドは無理しないルメールであり中段前目くらいから行くとみる。 エアスピネルはこれまで決め手負けしていることから、武豊が思い切って5番枠を生かして5番手以内くらいの先行策を取ってくるとみる。 ヴァンキッシュランは青葉賞と同様にそれなりにポジションを取っていくであろう。 スマートオーディンは控えて直線の競馬で勝ってきており、同様に控えて直線にかけるであろう。

予想

◎ディーマジェスティ(蛯名)
○エアスピネル(武豊
▲マカヒキ(川田)
△スマートオーディン(戸崎)
×リオンディーズ(M.デムーロ
×ヴァンキャッシュラン(内田)
×レッドエルディスト(四位)

ディーマジェスティは後方一辺倒の馬ではないことや、蛯名もポジションを取ってくる騎手なので皐月賞よりも前にいると予想する。決め手負けもしないので信頼度は高い。 エアスピネルは勝負付けが済んでいるので、逆に思い切った競馬がし易い。枠と騎手を考えるとディープブリランテ的な競馬をして一発狙ってくると予想する。 マカヒキは後方からの競馬になり届かない可能性がある。血統的には距離延長も微妙であり序盤のポジション取りで脚は使えないだろう。切れ味は一番なので流れ次第。 リオンディーズは掛かるのが嫌で控えると見る。外からヴァンキャッシュラン、イモータル、プロディガルサンあたりがポジション取りにきそうで位置が後ろになることで決め手負けするのではないかと考えている。ただし、強い馬なので2着まではある。 スマートオーディンはスロー実績しかないので、ペースが上がっても対応できるかどうかはやってみないとわからない。勝負付けが済んでいないので一発の可能性あり。 ヴァンキャッシュランはポジションも取れるし総合的には上位だが勝ちきるまではどうかと見る。 レッドエルディストは無欲の追込みで、届かないと思うがハーツクライのように馬券内に飛んでくる可能性がある。

サトノダイヤモンドは先行すれば勝ち負けになると思うが、ルメールなので中段に控えて決め手負けするのではないかと予想する。総合力は高いがもったいない結果になりそう。 ロードクエストはNHKマイルを好走したことで距離適正が明らかになったといえる。