読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナ差な日々

ITスキルと競馬の記録および雑記

2015年07月05日の回顧

CBC賞

内から好スタート切ったレオパルディナ、外から押してレオンビスティー、間にジャストドゥイングとハナを伺う。レオパルディナが逃げて、ジャストドゥイングが続く。少し離れて抑えたレオンビスティー、フレイムヘイローと続く。ベルルミエールが中段。その後ろに内にダンスディレクター。後方にサドンストーム。その後ろにウリウリ。セイカプリコーンが後方2番手。600m通過が33.4秒。直線入って各馬内外に分かれる中、ウリウリが内を狙って一気に抜け出す。外に出してベルルミエールがジワジワ伸びる。その後ろでダンスディレクターが一瞬詰まって、さらに外に出す。大外からサドンストームが伸びてきて、ダンスディレクターと一緒に上がってくるがウリウリがそのまま押し切る。ダンスディレクター、サドンストームがベルルミエールを交わして2着3着。勝負が決した所へウリウリの通った所をセイカプリコーンが突いて5着まで。

評価

  • ペースはハイペース
  • 差し追い込み展開
  • レースレベルは標準
  • ウリウリは牝馬のため実質57.5キロでトップハンデ相当

馬評価

ウリウリ

1着。直線一気に抜け出したときの脚は速く瞬発力があった。岩田の内狙いも好結果につながった。短い距離を使うようになって決め手が増して勝ちきれるようになった。

ダンスディレクター

2着。前走ほどではないが、直線前が壁になり詰まっていた。スムースに行けばもう少し際どかった。

サドンストーム

3着。いつものように堅実に終いをしっかり伸ばして3着を確保した。勝ちきるには展開の助けが必要。

ベルルミエール

4着。直線もジワジワ伸びたが決め手負け。1400mでよく勝っているように生粋のスプリンターというわけではないと思う。

ラジオNIKKEI賞

スタートでストリートキャップが大きく出遅れ。ナヴィオンも少し出負け。マルターズアポジーがハナを奪う。外からロジチャリスが結構脚を使って2番手へ。その内にミュゼゴースト。キャンベルジュニアが外から掛かり気味に4番手へ。レアリスタが中段。その後ろにマイネルシュバリエ、アンビシャスと続く。後方にナヴィオン、アッシュゴールド。1000m通過は59.5秒。4角でアンビシャスがジワっとポジションを中段まで上げる。直線入ってマルターズアポジーが先頭で粘っているところを、ポケットが開いた所を突いてアンビシャスが一気に突き抜けて圧勝。ミュゼゴーストがゴール前でマルターズアポジーを交わして2着。ロジチャリス、ブランドベルグが残って4着5着。再内を突いたナヴィオンが追い上げるが進路が狭くなり少し詰まって6着。

評価

  • ペースはスローペース
  • アンビシャス以外は先行した馬が掲示板を占めた前残り展開
  • トラックバイアスが内先行有利になっていた
  • レースレベル低い

馬評価

アンビシャス

1着。トップハンデでも楽勝だった。元々重賞級の馬であり、戦ってきた相手を考えると当然。ルメールも落ち着いて乗っておりポケットが空いたところを一気に抜け出した。

ミュゼゴースト

2着。2番手から粘りこんだ。先行したのが良かった。

マルターズアポジー

3着。逃げてそのまま残った。

キャンベルジュニア

15着。先行したが掛かって直線脚はなかった。

アリスタ

16着。中段で追走したが道中係り気味なって抑えたシーンがあった。直線に入ってからは見せ場なく終わった。